« 道の駅「遠山郷」 スタンプラリー♪ | トップページ | グリップシェリングチューブ・・・(T_T) »

2012年7月13日 (金)

下栗の里としらびそ高原を走る♪

takeです。




道の駅「遠山郷」に向う道は、途中で細くなるところもあり苦手だな~

って思っていたけど・・・

Imgp4306

温泉spaが最高に気持ちよかったのでまた来ます~♪

温泉で働いている方に教えてもらったお店に向います。

Imgp4313

あ~っ、また道が狭くなる。。。苦手だな~(ドキドキ)

っと思っていたら・・・

Imgp4314

信号待ち。前に車がいる~happy01(やった!)

この2台について行こうっ

Imgp4318

車1台分しか通れないでしょ~

Imgp4322

あっ、広くなった(うれしい~)

小学校を過ぎたら右に曲がるのよ、と教えられていたので、

小学校・・・小学校・・・とつぶやきながら、

あった小学校。

前の車について曲がったら小学校に入りそうでした。。。

Imgp4324

見落としそうなくらい小さい看板と細い道shock

対向車が来たらドキドキの道。

クネクネ走っているとありましたお店の看板。

Imgp4328

~宮の腰亭~

Imgp4329

ここからの景色が絶景で・・・

Imgp4330

「お~、これが下栗の里かぁ~」

「違うよtakeちゃん、もっと先だよ・・・」

が~ん・・・

Imgp4333

中はこんな感じ。

鹿の頭が飾ってある。

Imgp4337

いろんな肉があって、今回は昨日獲れたての鹿を食べさせてくれるそうだ。

その前日は馬肉を食べたから、あわせると。。。

よく見ると熊もある。

今度は熊を食べたい。

熊と鹿を食べたら・・・熊鹿。。。

Imgp4334

ボリューム満点。

鹿肉は脂がなくさっぱりしているらしい。

Imgp4336

ちょっとサービスしておいたからね~

ちょっとじゃないでしょ~

ayumiさんは量が多すぎて食べきれませんでした。

柔らかくて美味しい鹿肉でしたが、ayumiさんはちょっと苦手だったみたい。

食べきれない分は、takeが美味しく食べました。



下栗の里に向かう詳しい地図をもらい、天空の里ビューポイントの行き方を教えてもらう。

「片道15分歩くんだって」

「やだっ」

「はい・・・」

却下されました。



Imgp4345

下栗の里の中を走ります。

細くてこれこそ前から車が来たらこわい。

1速で走るくらい傾斜もきつかった~

Imgp4346

道路の下は切り立った崖だそうです。

aumiさんがあとで教えてくれました。

あとで教えてくれてよかった~

写真を見ただけで手のひらから汗がでます。

残念ながら天空の里ビューポイントには寄らずしらびそ高原に向う。

Imgp4359

ここは日本で唯一、隕石が落ちた場所だそうだ。

Imgp4360

「へ~、だからここも崩れているの~?」

「いや~、これは違うんじゃないの」

「・・・」

Imgp4363

雲が出てきて景色は見えなくなる。

Imgp4371

なんか建物が見えてきたっ

Imgp4376

~ハイランドしらびそ~

少し小高い丘に登るが真っ白で景色は見えず。

Imgp4379

なので、みつさん風にポーズを決めてみる(笑)

Imgp4382_2

次はモデル風に(笑)

Imgp4386

晴れていたらもっときれいだろうな。

眠くなってきたのでベンチでお昼寝sleepy

・・・

・・・

・・・

冷たいっ???

雨が顔に当たって目覚める。

Imgp4394

真っ白になってきた。

しばらく建物の中へ避難。

Imgp4397

天気が回復しないので真っ白の中、走りだす。

Imgp4398

真っ白すぎるでしょ~

しばらく走ると雲の下に出た。

クネクネ山道を下っていく。

Imgp4428

やっと、やっと広い道に出た。

三遠南信自動車道に入り、あれこれ走って・・・

Imgp4440

飯田ICへ。

Imgp4444

あれがゲリラ豪雨typhoonかな。

すごい!

あれが進路上にないこと祈る。

少しパラパラっと来たが無事にあの中を通ることなく通過した。

Imgp4446

恵那峡SAで同じアドベ乗りの人と少しお話をして帰宅。






週末は雨かな~annoy

早く梅雨明けして欲しいよっ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村










|

« 道の駅「遠山郷」 スタンプラリー♪ | トップページ | グリップシェリングチューブ・・・(T_T) »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。